春の楽しみとは?渓流で楽しんでみませんか?

ルアーの種類と使い方を知ろう!

ルアーとは

ルアーってかっこよく聞こえますが、簡単に言うと疑似餌です。
ルアーフィッシングの時に使用する道具の1つでもあります。
ルアーは魚をだまして釣るため、魚が反応しやすい色、におい、形など様々です。
後程、ルアーのタイプについて参考程度ではありますがお伝えしていきます。
ルアーの種類は様々ですがハードとソフトに大きく分けられます。
また、水に対する重さでも3種類に分類されます。
1つ目はフローティングです。
3種類の中で1番重さが軽く、リールを止めたりすると自然と浮き上がってくるタイプです。
2つ目はサスペンドです。
水に対する重さがほぼ変わらず、フローティングと違って浮き上がりもせず沈みすぎず水中で止まってくれるタイプです。
3つ目はシンキングです。
3種類の中で1番重さが重く、リールを止めない限り沈んでいくタイプです。

ルアーのタイプ

先ほどはルアーについて簡単にお伝えしました。
ここではルアーのタイプについてお伝えしていきます。
ミノー・シャッド
小魚に似せたルアーの1つで水に対する重さの3種類がそれぞれあります。
クランクベイト
小魚に似せたルアーの1つでミノー・シャッドに比べて形がふっくらとしているのが特徴です。
バイブレーション
重量があるため広範囲で魚を狙うときに有効なルアーの1つです。
小刻みな動きを表現できるためシーバス釣りに最も利用されるルアーです。
スピナーベイト・バスベイト
このルアーは小魚の群れをイメージしたルアーの1つで水の抵抗を受けることで大きいサイズの魚を狙うときに有効です。
ワーム
今まで紹介してきたルアーとは違ってシリコンやゴムなどの柔らかい素材で出来ています。
形や色が豊富で使い方も幅広いのが特徴です。